右よりサイト内の「PDF」「医療雑誌のテキスト検索できます

伝染性膿痂疹から分離された黄色ブドウ球菌の薬剤感受性について

■巻ページ:高知市医師会医学雑誌第17巻第1号  213~219頁 2012年
■表題:伝染性膿痂疹から分離された黄色ブドウ球菌の薬剤感受性について
■著者:猿田隆夫

■要旨(はじめに)
2005年から2011年までの伝染性膿痂疹179例の水疱から得られた黄色ブドウ球菌の薬剤感受性について検討した。また,1998年に報告した33例と比較した。 MRSAの頻度は,2005年38.1%,2006年25%,2007年21.8%,2008年8.7%,2009年11%,2010年7.1%,2010年7.7%と年々減少していた。1998年は12%であった。 ゲンタシンの感受性は,2005年28.6%,2006年31.8%,2007年5.5%,2008年17.4%,2009年11%,2010年21%,2011年15.4%と年々低下し耐性化が進んでいた。また,1998年は33.3%であった。MRSA36株の感受性検査では, バンコマイシン・ミノマイシン・クロロマイセチン・シプロキサン・トスキサシン・クラビットに高い感受性を示した。感受性検査の結果,歯牙着色,骨への影響が短期間使用で影響がなければミノマイシンが最適使用薬剤と思われるが,MRSAが減少しつつあり,ニューキノロン系薬剤のシロップがない現在,第3世代セフェム系抗菌剤が第1選択と考えられる。

■Key words:伝染性膿痂疹,黄色ブドウ球菌,薬剤感受性,impetigo contagiosa, staphylococcus aureus, tiviotic sensitivities
■備考:さるた たかお 〒780-0861 高知市升形4-25 猿田皮膚科診療所

■title:Antibiotic sensitivities of staphylococcus aureus-isolated from impetigo contagiosa
■the author:Takao Saruta
■Abstract:We studied antibiotic sensitivities of staphylococcus aureus obtained
from blisters in 179 cases of impetigo contagiosa from 2005 to 2011 and
compared them with the 33 cases we reported in 1998.
The frequency of MRSA gradually decreased year by year: 38.1% in 2005, 25% in
2006, 21.8% in 2007, 8.7% in 2008, 11% in 2009, 7.1% in 2010 and 7.7% in 2010. In
1998, the frequency was 12%.
The sensitivity of Gentacin gradually decreased year by year: 28.6% in 2005,
31.8% in 2006, 5.5% in 2007, 17.4% in 2008, 11% in 2009, 21% in 2010 and 15.4% in
2011, showing enhancement of tolerization. In 1998, sensitivity was 33.3%.
In sensitivity tests for 36 strains of MRSA, we observed high sensitivities to
Vancomycin, Minomycin, Chloromycetin, Ciproxan, Tosuxacin and Cravit.
The results of the sensitivity tests showed that Minomycin would be the optimal
drug if used for a short period of time when no teeth staining or bone-related
effect occurs. Currently, however, the third generation cephem antibiotics are
considered to be first-line drugs because there is no new quinolone syrup
currently and MRSA is decreasing.
■Key words:impetigo contagiosa, staphylococcus aureus,antibiotic sensitivities