右よりサイト内の「PDF」「医療雑誌のテキスト検索できます

バイク事故によるScapulothoracic Dissociationの1例

■巻ページ:高知市医師会医学雑誌第14巻第1号  95~98頁 2009年
■表題:バイク事故によるScapulothoracic Dissociationの1例
■title:Scapulothoracic Dissociation – A case report –
■著者:金丸明博
■共著者:黒住健人、西山武、石原潤子、斎坂雄一、田中公章、杉本和彦、森本雅徳

■要旨(はじめに)
Scapulothoracic Dissociation(SD)は稀な疾患であるが,患側上肢の神経系・血管系の損傷を念頭に精査する必要がある。血管系損傷時には上肢の虚血・壊死,およびそれに伴う全身状態の悪化の危険性があり,外科的加療が必要となる場合がある。また,神経系の損傷に関しては保存的治療,上肢切断などの他に,神経移行術による機能回復が試みられているが,その機能的予後は悪い。今回バイク事故に伴ってみられたSDの1例を経験したので文献的考察を加え検討する。

■Key words :腕神経叢損傷,高エネルギー外傷,肩甲骨-胸郭間離解
■備考:かなまる あきひろ 〒781-8555 高知市池2125-1 高知医療センター 救命救急センター