右よりサイト内の「PDF」「医療雑誌のテキスト検索できます

内視鏡的切除の際にメチレンブルーの粘膜下注入が有用であった直腸微小カルチノイドの1例

■巻ページ:高知市医師会医学雑誌 第5巻 第1号 125~128頁 2000年
■表題:内視鏡的切除の際にメチレンブルーの粘膜下注入が有用であった直腸微小カルチノイドの1例
■title:A Case of Rectal Microcarcinoid : Effective Identification with Submucosal Injection of Methylene Blue during Endoscopic Resection
■著者:遠近直成1)2)Naoshige TOCHIKA
■共著者:公文正光2 )荒木京二郎1)

■要旨(はじめに)  
下部直腸の3mm大で平坦かつ境界不明瞭なカルチノイドに対し、メチレンブルー溶液を粘膜下に注入することで病変の局在を明らかにし、容易に内視鏡的切除を行い得た。粘膜下色素注入法は境界不明瞭なカルチノイドに対するコントラスト法として有用と考えられた。

■Key words:直腸カルチノイド、メチレンブルー、粘膜下色素注入
■備考:とうちか なおしげ 1)〒783-8505 高知県南国市岡豊町小蓮 
     高知医科大学第一外科 2)野市中央病院 外科

■Abstract
We successfully resected a small carcinoid tumor of the lower rectum endoscopically. The tumor, 3mm in diameter and flat surface, was difficult to dittect the boundary, however, it was easily identified after a submucosal injection of methylene blue. Submucosal dye injection method was useful for the identification of minute carcinoid tumors with an unclear boundary.