右よりサイト内検索ができます

訪問看護 利用できる方

利用できる方

■介護保険の方

40歳以上65歳未満で16特定疾患(※)の方と65歳以上の方で要介護状態あるいは要支援状態の認定を受けた介護保険の利用者さんで主治医が訪問看護の必要を認めた方です。
※ 16特定疾患

◎がん末期
◎筋萎縮性側策硬化症
◎後縦靭帯骨化症
◎骨折を伴う骨粗鬆症
◎多系統萎縮症
◎初老期における認知症
◎脊髄小脳変性症
◎脊柱管狭窄症
◎早老症
◎糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
◎脳血管疾患
◎パーキンソン病関連疾患
◎閉塞性動脈硬化症
◎関節リウマチ
◎慢性閉塞性肺疾患
◎両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症


■医療保険(老人保健・健康保険等)の方

① 介護保険制度の中で訪問看護適応とならない方で、
疾病、負傷等により家庭において療養を受ける状態にある方です。

② 要介護者等であっても、厚生労働大臣が定める疾病等(※)の方は医療保険が適用されます。
また、急性増悪等により、頻回の訪問看護が必要であると主治医が判断した利用者は主治医が指示する期間は医療保険でのサービスとなります。(その間は、介護保険での訪問看護サービスは利用できません)

※ 厚生労働大臣の定める疾病等

◎末期の悪性腫瘍
◎多発性硬化症
◎重症筋無力症
◎スモン
◎筋萎縮性側策硬化症
◎脊椎小脳変性症
◎ハンチントン病
◎進行性筋ジストロフィー症
◎パーキンソン病関連疾患
◎多系統萎縮症
◎プリオン病
◎亜急性硬化性全脳炎
◎後天性免疫不全症候群
◎頚髄損傷又は人工呼吸器を使用している状態